歯周病の原因と対策

食べ物を細かく噛み砕いて栄養を体に行き渡らせるため歯の存在は欠かせないものであり、永久歯が抜けてしまうと新しく生えてくることが出来ないので大切に扱うことが必要です。

日々のブラッシングを初めとするオーラスケアで歯に付着した食べかすや汚れを落とさないといけません。口の中には食事で残った食べかすの他に細菌や代謝物の塊であるプラークが存在し、奥歯や歯茎、歯の間などに残りやすいです。これらを取り除かず放置すると歯肉に炎症を起こし、やがて歯を支える骨を溶かす病気である歯周病を引き起こす恐れがあります。

テレビや雑誌等では、虫歯や歯周病といった口内の病気に対して名医などを交えて治療法や対策について宣伝する姿が見られます。歯周病が進行すると口臭の原因になる他、糖尿病や骨粗しょう症など歯周ポケットから侵入した細菌が全身を駆け巡るケースも存在します。

ただの歯の病気だから少しくらい放置しても構わないという思想は危険であることを名医を初めとする医療機関は警告します。

歯周病にかかった際は?
ほとんどの治療方法として挙げられるのがプラークコントロールというものです。デンタルフロスや歯ブラシを使用してプラーク(歯垢)を歯に付着しないようにコントロールする方法であり、これを実践すると歯茎からの出血や腫れ、口臭が激減します。

この他にも超音波や歯石を取る細い器具を使用して歯石ごと最近を対峙する行うスケーリングという治療方法も存在します。しかし歯の周りの骨が極端に減ったり、奥まで歯石が付いてしまい通常の方法では歯周病の原因物質を撤去できない場合、名医であってもスケーリングやプラークコントロールでの治療は難しいです。

重度の症状の場合フラップ手術や歯周組織再生療法といった外科治療を行う必要があるため、歯周病と感じたらすぐに近くの医療機関や名医に相談することが必須です。

1197685

虫歯や歯周病にならないためにも毎日の歯磨きを心がけることが大切ですが、ブラッシングだけで満足している人は少なくないでしょう。

歯周病は歯の間の歯茎から基本的に進行するため、歯ブラシだけでは汚れを取り除けない恐れがあります。名医などはブラッシング以外にデンタルフロスや歯間ブラシも使い口内にプラークや食べかすを残らないようにすることを推奨しています。

また、喫煙習慣や歯並びが悪くても病は進行しやすくなるため早いうちに禁煙や歯の矯正を行って口内環境を整えることが大切です。